法人のCO2削減って具体的に何をすればいいの?いま、自家消費型太陽光発電が注目されています。コスモでんきビジネス 「ソーラープラン」

初期投資不要の太陽光パネルで
屋根の空きスペースを有効活用!

初期投資不要で太陽光発電設備を導入できるPPAスキームを活用
PPA(Power Purchase Agreement)とは
お客さまの投資で太陽光発電設備を設置する一般的な購入方法とは異なり、お客さまの所有する施設の屋根を、
PPA事業者に貸していただき、PPA事業者の投資で太陽光発電設備を設置します。
お客さまにはそこで発電された再エネ電力を購入いただく契約です。
「ソーラープラン」は、コスモでんきビジネスを導入いただいたお客さまへセットでご提供している再エネ電力導入のオプションプランです。

電気を使い分けて
コストメリット&CO2削減!

日中は、太陽光発電設備から発電した電気を自家消費し、早朝や夜間は、コスモでんきビジネスの電気を利用します。
太陽光発電設備で発電した電気を活用することで、コストメリット※1とCO2削減を同時に実現します。
<電気の使用イメージ※2
  • ※1 お客さまの電気のご使用状況や施設の構造によってコストメリットが出ない場合があります。
  • ※2 お客さまの電気のご使用状況、太陽光パネルの設置容量、発電状況により使用量が異なります。

特徴

太陽光の導入メリット

  • ①自家発電の視覚的アピールが可能
  • ②再エネ電力の購入よりも経済性が良い
    ※設置面積等の条件あり
  • ③非常用電源として活用可能

PPAでの導入メリット

  • ④太陽光発電設備投資が不要
  • ⑤契約期間中ノーメンテナンスで使える

ご利用までの流れ

  • ※1 12か月分の電気の請求書または検針票の写しをご提出ください。
    12か月分の30分単位デマンドデータ値をご提出ください。(お客さまより現在契約してい電力会社に依頼して入手してください。)
    太陽光パネルの設置を希望する建物の図面(屋根の面積、屋根材がわかるもの)、電気図面(キュービクル位置や分電盤の位置がわかるもの)をご提出ください。
  • ※2 現地調査からお見積書提出まで1.5か月から2か月を予定しています。
  • ※2 供給開始まで、4か月から5か月を予定していますが、連系協議や設置工事等により開始期間が異なります。

よくある質問(FAQ)

  • 現在他社の電力を契約していますが、「ソーラープラン」のみ契約はできますか?
    「ソーラープラン」はコスモでんきビジネスの各プランとセットで契約いただくものになります。コスモでんきへ切り替えていただき、一緒に「ソーラープラン」を申し込みください。
  • 「ソーラープラン」の契約期間はどのくらいでしょうか?
    「ソーラープラン」の契約は、10年から15年程度を予定しています。契約満了後は、太陽光発電設備を無償譲渡も可能です。
  • 屋根の賃借料は発生しますか?
    発生いたしません。無償で屋根をお借し頂きます。
  • 「ソーラープラン」の契約期間中には太陽光発電設備の保守費用はかかりますか?
    「ソーラープラン」の契約期間中は、保守費用はかかりません。
    ※ただし、キュービクルの法定点検業務はお客さま負担になります。「ソーラープラン」の導入によって法定点検の点検事項および費用が増える場合がございます。
    また、「ソーラープラン」の契約満了後に、太陽光発電設備を無償譲渡した後は、お客さまに保守運用いただきます。
  • 賃貸物件に「ソーラープラン」の設置はできますか?
    賃貸物件には、設置できません。
  • 全量「コスモでんきビジネスグリーン」を購入した場合と「コスモでんきビジネスグリーンとソーラープラン」のセットで購入した場合、どちらがお得でしょうか。
    「ソーラープラン」の料金単価は現在お客様が契約している電力単価と同等を想定しています。
    従いまして、全量「コスモでんきビジネスグリーン」を購入頂くよりは、一部を「ソーラープラン」の電気で購入頂いたほうが経済性が良いです。(※但し、太陽光パネル設置には諸条件があります。)
  • 太陽光パネルの所有権移転について教えて下さい。
    契約満了日をもって、設備の所有権を無償で移転します。(途中解約、契約解除する場合を除く)
  • 中途解約はできますか?
    原則出来ません。但し、中途解約日の1年前までに書面にて通知し、かつ中途解約金を支払うことで可能となります。
  • 余った電気は、固定価格買取制度(FIT)による売電をしますか?
    固定価格買取制度(FIT)による売電はしません。 弊社では、屋根で発電された電気をそのまま設備内で使用する「自家消費型」を前提として、太陽光パネルの容量を設計します。
  • 「ソーラープラン」は、屋根上設置の他、地上設置も可能ですか?
    「ソーラープラン」は屋根上のみを対象としています。
  • パネルを設置しても問題ないか、建物(躯体)の判断は誰がするのですか?
    お客さまの方で、建物を建てた設計事務所に依頼して頂き、設計事務所にて判断してもらってください。
    弊社からは、その判断に必要なパネルの重さ等の図面を準備します。
  • 災害時に太陽光パネルはどの程度非常用電源として対応できますか?
    太陽光パネルが発電している昼間の時間帯であれば、非常用コンセントやパワーコンディショナーから最大1,500Wの電力を利用することができます。携帯電話の充電、PCの充電、ラジオ等の使用が可能です。一方、工場等の機械装置を動かしたり、人の生命にかかわるような装置を動かすための電源として使用する事はできませんのでご注意ください。
  • 工事期間はどのくらいかかりますか。また工事期間中の注意点はありますか。
    太陽光の工事は2日間程度(10kW/100㎡設置の場合)を予定しています。工事期間中であっても通常通り営業は可能です。
    ただし、停電作業が3時間程度発生します。停電作業の時間はお客さまの都合に合わせて工事のスケジュールを決定します。
  • 現地調査では何を確認しますか?
    現地調査では、屋根面積、屋根形状、日射量、積雪・塩害状況、分電盤の位置や、電気メーター位置等を確認します。現地調査の結果、設置不可の場合もあります。工事業者2~3名で現地に伺います。調査時間は2時間程度を予定しています。
  • 太陽光パネルでつくられた再エネ電気は誰のものですか?
    太陽光発電設備から発電した電気は弊社の所有となります。その発電した再エネ電気を弊社からお客さまへ販売します。環境価値も一緒に販売することになるため、RE100等報告に活用いただけます。
  • 「ソーラープラン」のシミュレーションには何を準備すれば良いでしょうか。
    ①12か月分の電気の請求書または検針票の写し
    ②12か月分の30分単位のデマンドデータ値(お客様から現在契約している電力会社に依頼し入手してください。)
    ③太陽光パネルの設置を希望する建物の図面(屋根の面積、屋根材がわかるもの)
    ④電気図面(キュービクル位置や分電盤の位置がわかるもの)
    をご提出ください。
次の5件をみる